食物栄養学科

NUTRITION

在学生の声

STUDENT VOICE01

食物栄養学科(短大) 2年
岩野 あん
福岡県立小倉商業高等学校出身

子どもたちに食事の楽しさや食のバランスの大切さを教える小学校の栄養教諭になりたい。

小さい頃から料理が好きで、食に関する仕事に就きたいと思って食物栄養学科を志望しました。将来の目標は小学校の栄養教諭になることなので教職の科目も履修し、給食献立や学習指導案の作成に取り組んでいます。また管理栄養士の国家資格も取得したいと思っていますので大学への編入も視野に入れています。本学は特待生制度がありますので、受験で頑張れば学費を軽減できることも魅力です。また、栄養士、栄養教諭、フードスペシャリストと複数の免許・資格の取得も可能ですので食に関する幅広い知識が身につき将来の活躍の場も広がります。料理未経験でも基礎からしっかり教えていただけるので、共通の夢を持つ仲間と楽しく学んでいきましょう。

STUDENT VOICE02

食物栄養学科(短大) 2年
赤藤 倭
東九州龍谷高等学校出身・大分県

学校で得た知識と、持ち前の体力を活かして、将来は頼れる栄養士になりたい。男子生徒もどんどん増えています!

食物栄養学科に入学した理由は?

もともと食や料理に興味があって、高校で調理師免許を取得しました。入学した理由は、さらに栄養士の資格をとって「食」への知識を深めたいと思ったからです。また、新しい知識や経験を得ることで、自分自身の成長になると思いました。将来は、栄養士としての知識・技術だけでなく、体力面やコミュニケーション能力も活かして、人に寄り添っていきたいです。人のために役立つ、頼れる栄養士を目指しています。

生徒の大半が女性という環境ですが、居心地はどうですか?

確かに男性は少数派ですが、クラスの雰囲気も良くすぐに溶け込めました。最初は不安もありましたが、他にも男子生徒はいますし、みんな男女問わず仲良くしてくれます。先生達もサポートしてくれますし、クラスのみんなが分け隔てなく接してくれるため、寂しい思いや疎外感を感じたことはありません。おかげで、学生生活に不満はまったくないです。

未来の後輩へメッセージをお願いします。

今はコロナでオンライン授業多く、友達と気軽に会うことも難しい環境ですが、それでも楽しく学生生活を送れています。なので、これから入学してくる皆さんは、もっと楽しい学生生活になると思います。東筑紫短期大学は明るい学生が多く、先生達が親身になってサポートしてくれるので、心配することは何もありません。男子学生も増えているので、興味のある方は男女問わずぜひ飛び込んできてください。

STUDENT VOICE03

食物栄養学科(短大) 2年
山口 榛奈
宮崎県立延岡商業高等学校出身

大学への編入制度で、さらにステップアップしたい!今は編入に向けて仲間と一緒に勉強する毎日です。

九栄大の編入制度について教えてください。

私が九栄大の編入制度について知ったのは、夏のオープンキャンパスに参加した時です。短大に入学して勉強をしていく中で、より深く「食」について勉強したいと思い、編入を考えるようになりました。この編入制度のメリットは、管理栄養士免許取得への近道であること、栄養教諭1種免許が取得できることなどです。さらに自分をステップアップさせることができる、魅力的な制度です。

編入に向けて取り組んでいることや、将来の目標はありますか?

編入を決意したことで、まず毎日の授業をさらに真面目に一所懸命に取り組むようになりました。また、編入制度を利用して九栄大に入った先輩方のアドバイスを参考にして、同じく編入を目指す仲間と、授業のない空き時間や放課後を利用して一緒に勉強しています。将来は、「食」を通して人と関わり、多くの人に喜んで欲しい。この気持ちは入学して以来、私の中でどんどん大きく育っています。学校で学んだ事を最大限に活かして、TPOに応じた行動ができる栄養士になりたいです。

未来の後輩へメッセージをお願いします。

進路の決定は大事な選択。今までとまったく違う環境に1人で飛び込むことは勇気がいるかもしれませんが、東筑紫短大なら、初日から最高の友達や支え合える仲間に出会えます。クラス担任制なので団結力も高まり、楽しいイベントも多いです。1度きりの短大LIFEを楽しみたいなら、ぜひ東筑紫短期大学へ!

STUDENT VOICE04

食物栄養学科(短大)
中山 梨瑚
福岡県立八幡中央高等学校出身

「食」に関わる豊富な知識・現場で活きる実践力を修得し、私らしい未来を叶えるために。

進学先選びで大切にしたのは、「好き」という想いでした。高校時代から料理をするのが好きだったこともあり、生きるうえで欠かせない「食」の知識を身につけて人の役に立ちたいと考え、東筑紫短期大学への入学を決めました。2年間で「栄養士」と「栄養教諭」の2つの免許・資格を取得できるだけでなく、調理実習や学外実習など実践力を磨ける場も豊富です。本学の大学編入制度を活用することも視野に入れ、少しずつ次の進路を決めていきたいと思っています。
そして将来は、食べる人の気持ちを考え、美味しくて栄養もある食事を作れるような人材になり、多くの人の食生活を支えていきたいです。

STUDENT VOICE05

食物栄養学科(短大)
山谷 智美
秀岳館高等学校出身

多くの資格を取得してから大学に編入するのが目標。先生方の支えがあるから頑張れます。

私が本学を選んだのは、栄養士のほか、栄養教諭やフードスペシャリスト、医療事務など、より多くの免許・資格を取得してから、九州栄養福祉大学へ編入し、管理栄養士を目指そうと思ったからです。クラス担任制があることも惹かれた理由の一つで、実際に先生方との距離が近く、日々の勉強の悩みなど気軽に相談できて安心です。クラスの仲も良く、実習で協力し合って一つのことをやり遂げるなど、とても充実したキャンパスライフを送っています。私は将来、病院で食生活の面から患者様を健康へ導く管理栄養士になるのが目標です。そのための大学編入試験も先生方が親身にサポートしてくださるので、とても心強いです。

STUDENT VOICE06

食物栄養学科(短大)
髙木 里粋
東九州龍谷高等学校出身

調理師免許の次は栄養士の資格を活かし、病気の方を支えることが夢。明るい先生方のサポートの元、楽しく学ぶことができています。

調理師免許を持っていると伺っていますが、栄養士を目指す理由は?

料理が好きで調理師の免許を持っていますが、病気で食事制限が必要な患者さんや健康に悩みがある方を食事面で支え、元気になってもらう。そのような仕事に就きたいと考えています。そのため、食事療法の知識や技術を身に付けられる栄養士を目指しています。

将来のビジョンは、どのようなものですか?

病院で食事を作る仕事に就きたいです。実務経験を積んだ後は、管理栄養士試験を受けて管理栄養士となり、食生活アドバイザーとして社会に貢献したいと考えています

授業や、学校の雰囲気はいかがですか?

栄養士などに必要な知識や技術を先生から分かりやすく教えてもらえます。分からない箇所は理解できるまで付き合ってくれます。授業を受け持つ先生が明るく優しいので、学校の雰囲気はとても良いです。

未来の後輩へメッセージをお願いします

食物栄養学科では資格を多くとれるので、職業の選択肢が増えますし、仕事に対する視野が広がって自分に合った仕事を見付けやすいと思います。また、勉強だけでなく、大学祭やスポーツ大会などのイベントも多くあり、クラスのみんなで盛り上がれます。みなさんも東筑紫短大で一緒に学びませんか?

STUDENT VOICE07

食物栄養学科(短大)
松倉 早紀
福岡県立青豊高等学校出身

栄養士と医療秘書実務士、両方の資格取得ができることを知り入学。「自分のやりたいこと」が、実現できる、私には理想的な学校です。

食物栄養学科に入学した理由は?

元々は看護師になりたかったのですが、高校の実習で医療現場をみて私には無理だと気付きました。でも、病気で弱った人を助けたいという思いがあるので、医療秘書実務士の資格を得られる食物栄養学科に入学しました。また、大きな病院では医療秘書実務士としてだけではなく、病院食を作る栄養士としても働ける可能性もあるので、私にとって食物栄養学科は理想的な学科でした。

二つの資格を取得するのは大変ではないですか?

栄養士の講義に加えて医療秘書実務士の講義も受けるため、大変ではありますが、現場で役立つ実践的な知識や技術が身に付くので充実しています。また、自分の興味のある分野でもあり、とても楽しく、集中して講義を受けることができるので、二つの資格取得を選択して良かったと思っています。

未来の後輩へメッセージをお願いします

将来の進路について色々と調べていく内に、食物栄養学科では栄養士と医療秘書実務士の両方の資格が取得できることを知り、私は東筑紫短大に進学することを決めました。進学のことで不安になったり、悩んだりすることがたくさんあると思いますが、「自分のやりたいこと好きなことが学べるか」について良く調べてみてください。そうすることで、私は東筑紫短大に進学したことに後悔することも嫌だと思うこともなく、楽しい学生生活を送ることができています。みなさんも、慎重に進路を選び、夢が実現できるよう頑張ってください。

STUDENT VOICE08

食物栄養学科(短大)
中山 七海
山口県立大津緑洋高等学校出身

夢はスポーツ選手を食事の面からサポ―トすること。その為、短大で多くの体験と情報を得て、将来は管理栄養士の道へ。

栄養士を目指す理由は?

高校では野球部のマネージャーとして、練習の手伝いや環境整備、体や心のケアを通して選手をサポートしてきました。そして、次は栄養士となって栄養面でスポーツ選手のサポートしたいと考えています。具体的には選手寮の食事を提供する仕事に就こうと思っています。そのため、食物栄養学科で学び、栄養士の資格取得を目指しています。

東筑紫短期大学の良いところは?

短大は大学の半分時間で卒業でき、栄養士となって社会で働けるのが一つの魅力です。しかし私は将来、より選手の役に立てるようさらに管理栄養士を目指す予定です。そのためには、働いて実務経験を積みながら管理栄養士の試験勉強を自分でするか、もしくは管理栄養士の養成課程がある大学に編入するかを選ぶ必要があります。大学に入学すると選択肢は一つだけですが、短大の魅力は、選択肢が増えるということです。実際に私は、短大でたくさんのことを体験し、情報を得てから、管理栄養士の資格をどのように取得するかを選択することができたので、その点も良かったです。

未来の後輩へメッセージをお願いします

東筑紫短大は実習や進路のことなど一人一人に寄り添ってアドバイスをしてくださる先生方がいらっしゃるので、心強いです。また、特待生制度もあるので、経済的な面で少しでも負担を減らすことができます。専門的な教科が多く、難しいところもありますが、実習と講義の両方を通して栄養士に必要な知識と技術を確実に身に付けれるので、おすすめの短期大学です。

STUDENT VOICE09

食物栄養学科(短大)
安永瑞穂
福岡県立八幡中央高等学校出身

「食べることの楽しさ」を教えてくれた小学校の先生との出会いが、栄養教諭を目指すきっかけとなりました。

栄養士を目指す理由は?

小学生には、給食をモリモリ食べる子や食べられない子、好き嫌いがない子やある子、食べるのが早い子や遅い子など色々な子供たちがいます。でも、私がお世話になった小学校の栄養教諭の先生は、どんな子にも明るく優しく声をかけて食べることの楽しさを教えてくれました。先生のおかげで私も給食が大好きになることができましたし、先生のような栄養教諭になって児童生徒に給食の楽しさを伝えたいという目標ができました。このような体験を通して栄養教諭を目指すことになりました。

東筑紫短期大学に入学を決めた理由は?

栄養士の資格を取るための学校は他にもたくさんありますが、「お掃除」を重視して取り組んでいる学校はこの学校だけでした。お掃除は教室をきれいにするだけでなく、心の汚れを取る行いでもあるという教えに共感し、東筑紫短大に入学を決めました。卒業まで掃除を継続することで、社会人や教育者にとって基礎となるスキルや人間性を身に付けられると考えています。また、大学の立地もよく交通の便に困らない所も良かったです。

未来の後輩へメッセージをお願いします

入学前は不安なことがたくさんあると思いますが、食物栄養科の先生方は学生一人一人をよく見てくださります。また、担任制があり、丁寧な個別指導も行ってくださるので、安心してください。