保育学科

CHILDCARE

在学生の声

STUDENT VOICE01

保育学科入澤 彩乃
福岡県立小倉東高等学校出身

保育士になりたい!
その気持ちを応援してくれる温かな先生がいます。

高校時代、保育所のボランティアに参加したことをきっかけに、子どもと関わる仕事に就きたいと思い、保育学科を志望しました。オープンキャンパスに参加した時に感じた雰囲気の良さ、先生方の温かさは入学後も変わりません。80年を超える伝統や就職率の高さも本学の魅力だと感じています。短大は2年間なので、日頃から気を抜かずに学びに取り組むことを大切にしています。担任の先生との距離がとても近く、何かあればメールやSNSでも相談できたり、あまり得意ではないピアノを休み時間にも教えてくださったり、学びやすい環境をつくっていただいています。将来は明るい保育士になって、東筑紫で学んだことを保育の現場で活かしていきたいと思っています。

STUDENT VOICE02

保育学科一木 真実
常磐高等学校出身

子どもだけじゃなく、保護者や周りの方々の「心の太陽」のような先生になるために。

キャンパス内に附属幼稚園があり、1年の後期から実習を通して実践経験を積めるのが本学の魅力です。苦手だったピアノも、入学前に事前レッスンを行ってもらえたので安心でした。不安があれば先生方がいつでも相談に乗ってくださるクラス担任制の環境にも支えられ、いつも楽しく、前向きに学びに取り組めています。目標は、今後増加が見込まれる「認定保育園」への就職も視野に入れ、幼稚園教諭と保育士の2つの免許・資格を取得することです。子どもたちに愛情を持って接するのはもちろん、保護者や周りの方々の心も温かく照らし、癒しを届けられるような先生になるために頑張ります。

STUDENT VOICE03

保育学科林 蓮
豊国学園高等学校出身

保育士の知見があってこそ子どもたちの心や体が育つ。実践的な学びが力になっています。

本学で学んだことは、「保育」は子どもたちが毎日楽しく遊び、そしてその遊びの中から多くのことを発見していくものだということです。保育を行うためには、子どもの成長段階を理解し、保育計画を立て一人ひとりに寄り添っていくことが大切だとわかりました。キャンパス内には附属幼稚園が隣接しており、子どもたちの様子を間近で見ることができるので、成長段階がよくわかります。パネルシアターや軍手人形などを実際に作って学外実習で子どもたちとふれあうなど、就職した後に保育技術として役立つ授業内容が多く、実践的な力が身についていることを実感しています。また、本学は進路について先生方が親身に相談にのってくださるので、とても心強いです。