専攻科

CARE WELFARE

在学生の声

STUDENT VOICE01

専攻科田中 麻貴
東筑紫短期大学 保育学科 出身

3つの資格を生かして、将来の子育てや、祖父母・両親への手助けも視野に。

専攻科への入学前後で、高齢者に対する思いや介護福祉に対する考えの変化はありましたか?またなぜ介護福祉を学びたいと思われたか教えてください。

私は中学生の時に職場体験で老人ホームを訪問したことがきっかけで、介護福祉の仕事に興味を持ちました。そこで高齢者の方々との会話が楽しかったことや、一人ひとりの心身の状態に合わせた介助をされている介護福祉士の皆さんの姿を見て、介護福祉の勉強をしてみたいと思うようになり、保育学科で保育士の資格を取得した後に専攻科への進学を決めました。
専攻科で今まで知らなかった介護や福祉、医学などの分野を学ぶことは想像以上にとても興味深いです。また介護実習で初めて介護福祉の現場を経験しましたが、ご利用者と関わることはとても楽しく、今まで勉強してきた知識や技術も活かされ充実した実習となりました。

介護実習を通じて学んでみて気付いたこと、感じたことを教えてください。また仲間や先生の雰囲気も教えてください。

初めての介護実習は不安と緊張でいっぱいだったのですが、さまざまな介護技術を体験する中で、一人ひとりの心身の状態に合わせて声かけや支援方法を変えることがとても大切だということを学びました。
専攻科は少人数制で、アットホームな環境のもと介護福祉の勉強をすることができます。また専攻科の先生方はとても優しく、些細な質問にも真剣に答えてくれます。仲間同士でアドバイスや疑問を交えることも多く、とてもたくさんのことを学べる学科だと思います。

介護福祉士と児童に関する資格(保育士、幼稚園教諭二種免許状)を取得することのメリットについてどのように考えますか。

3つの資格を取得することで、将来の選択肢が広がると私は考えています。「介護福祉士=高齢者」といったイメージが多いかもしれませんが、障害のある方や児童の支援を行うことも介護福祉士の大切な仕事になります。介護福祉士になるための専攻科での勉強は、私たちの日ごろの生活の中で役に立つ知識や技術がたくさんあります。3つの資格を取得することで、子どもから高齢者、そして障害のある方に至るまでの生活支援に携わることができ、将来の子育てや、祖父母・両親への手助けができることに、とてもメリットを感じています。

未来の後輩へメッセージをお願いします。

私も保育士を目指し東筑紫短期大学に入学して、その後、専攻科へ進学しました。進学する理由は様々だと思いますが、「少し興味がある」、それだけの理由でも専攻科へ進学してみる価値は十分にあると思います。国家試験に合格して介護福祉士の資格を取得することが大きな目標ですが、勉強する楽しさがあり、また学んだ技術を現場で的確に実践することができたときの喜びは深く心に残ります。先生方もとても親切なのでまずは話をしてみてください。「介護福祉」は私たちの身近にあり、専攻科で学んだことが必ずこれから、自分自身の生活の中で役に立ってくると思いますので、介護福祉を学んでみて損はないと思います。

STUDENT VOICE02

専攻科岩崎 瑠璃
東筑紫短期大学 保育学科 出身

専攻科で介護福祉のイメージが180度変化!楽しみや喜びを支える介護福祉士になりたい。

専攻科で学ぶ上で努力をしているところはありますか?また好きなカリキュラムや学習内容を、理由も合わせて教えてください。

私は介護技術を学ぶ「生活支援技術」という教科が好きです。介護福祉士の仕事はご利用者の方々の望む生活を支援することがとても重要です。食事や入浴、排泄などの介助では、お一人お一人の心身の状況に合わせて安心安全の確認とともに正確な技術力が求められます。私はいま、基本的な介護技術をしっかりと身に付けるため、一生懸命授業に取り組んでいます。

専攻科で学んでみて成長できたことはどのような点でしょうか。また成長できた理由とは何でしょうか?

専攻科では介護、医療、社会福祉の領域をそれぞれの専門の先生が熱心に指導して下さいます。また、専攻科の特徴として学外研修の機会が多いことも楽しく身をもって学べているところだと感じています。
介護実習は専門的な学びの場であり、実際にご利用者の方々と関わりを通して大学で勉強した病気や機能障害などを具体的に理解することができました。職員の方々が丁寧にいろいろなことを教えて下さり、介助を提供する際に必要な声かけの方法や認知症の方々とのコミュニケーションの図り方などを習得でき、入学時より大きく成長できたと感じています。

介護福祉の世界で、どのような活躍をしたいと思いますか?

ご利用者の状態に合わせた安全で安楽な介護技術を提供し、受容・共感・傾聴を忘れず、その方の思いに寄り添うことで信頼関係が築けるような介護福祉士になりたいと思っています。そして、その人らしい生活が送っていけるよう、楽しみや喜びを支えることのできる仕事をしていきたいです。

未来の後輩へメッセージをお願いします。

介護福祉について学んでおくと家族や身内の方にとっても将来必ず役に立つ時が来ると思います。また、就職先の幅も広く、努力を続けていくことでキャリアアップの道が広がっている分野です。専攻科を卒業された多くの先輩方も、現場でやりがいを持って働き、様々なキャリアを積まれています。みなさん、介護福祉のマイナスのイメージが吹っ飛ぶ学びが専攻科にありますよ。ぜひ、専攻科に入学してみませんか?

STUDENT VOICE03

専攻科堤 亮太
東筑紫短期大学 保育学科 出身

医学的な知識や法制度など新しい学びが多く、充実した毎日!将来は利用者主体のケア環境を創出したい!

入学したきっかけを教えてください。また、楽しかった授業や介護実習で印象に残っている学びがあれば教えてください。

私は保育学科在学時に就職が未定で、これからどのような仕事につきたいか明確な目標がありませんでした。そのため、もう少し学生生活を楽しみながら、これからの自分の未来について考えてみようと思い、専攻科に進学しました。保育学科に入学したように、対人援助の仕事は好きだったので、対象が高齢者や障害のある方についても勉強したいと思ったことも理由の1つだと思います。
介護実習では実際に多くのご利用者と関わらせていただき、提供する介護技術やコミュニケーションの図り方が、個々に応じて違うことが難しい反面、とても勉強になりました。

アルバイト、学業の両立はいかがですか。

アルバイトと学業は両立できています。授業や実習の時期スケジュールは予め伝達されているのでプライベートの予定はとても組みやすいと思います。保育学科を卒業しているため、保育士資格と幼稚園教諭二種免許を取得しており、保育園やこども園で保育士の補助としてのアルバイトが可能になります。子ども好きの自分としては、とても楽しくアルバイトをしながら専攻科での学業にも励むことができています。

保育と介護福祉を学び、将来どのような人材になりたいと描いていますか?

「0歳から100歳までの方のサポートができるプロフェッショナルになること」が私の目標です。介護福祉士の資格を取得し就職した際は、ご利用者の方々やそのご家族、また職場の先輩方からも信頼されるような人材になりたいと思っています。そのためにも介護福祉の専門的な知識や技術を習得することはとでも重要だと感じているため、在学中にできるだけ多くのことを習得できるように頑張っています。また高齢者の方々は様々な疾患を抱えているため、医学的な知識もできるだけ多く持てるよう勉強しています。まだ随分と先の話になると思いますが、いつかは介護福祉士としてリーダーシップを発揮し、自分が理想とする利用者主体のケア環境を創り出したいと考えています。

未来の後輩へメッセージをお願いします。

保育学科では学べなかった医学的な知識や法制度なども学ぶことができ、日々充実して勉強に臨んでいます。また介護技術では、自分自身の身体を上手く使いながら、利用者の方の心身の状態に合わせた介助方法を学ぶことができます。実習先では、それらの技術を実際にご利用者に提供させてもらいながら、基礎から応用へ転換することにはとてもやりがいを感じています。
専攻科で学んでいる事は介護福祉の専門的な内容でありながらも、普段の日常生活の中でとても役に立つことがたくさんあるように感じます。少人数制で先生方も丁寧に教えてくださるので、興味がある学生さんは是非一度、専攻科の先生方と話してみてください。