就職関連情報・編入制度

HOME >> 就職関連情報・編入制度 >> 就職指導 >> 卒業生の声(食物栄養学科)
  • 就職関連情報・編入制度
  • 就職指導
  • 卒業生の声
  • 美容ファッションビジネス学科
  • 保育学科
  • 食物栄養学科
  • 専攻科
  • 美容師国家試験合格実績
  • 主な就職先一覧
  • 編入制度について
  • 就職支援システム
学校案内 資料請求はこちらから!

先輩の声

「食」に関わる仕事に就きたいと思ったのは、高校の時。栄養のバランスを考えながら、美味しく食べてもらえるように調理をする。そんな栄養士の仕事に惹かれたんです。
現在は、高齢者120~150名分の料理をチームで調理し、配膳も担当。改めて、短大での学びが力になっているのを実感しています。
例えば、調理実習では自分たちで献立を考えることもあり、パソコンを使わず電卓でカロリーまで計算。現場では、机に向かう時間がつくれないこともありますが、効率的な業務ができるよう心がけています。
小学校での現場実習も、大人数の料理をつくる貴重な経験になりました。まだまだ勉強の毎日ですが、これからもっと知識を身につけ、いずれは管理栄養士として働きたいですね。
厨房責任者として、約30人分の調理・盛り付けという現場業務から献立作成などの事務作業も担当しています。
学生の時にはわかりませんでしたが、一見、仕事には関係ないのでは?と感じる授業でも、将来のビジョンに合わせてしっかりと学んでおくのがよいと思います。
例えば保育園なら、子どもたちが食べやすい大きさに食材を切りそろえる「調理技術」の学びが力になりますが、特別養護老人ホームでの勤務なら、それにプラスして「臨床」に関する知識も必要。病院での勤務になると、さらに専門性の高い知識が必要になります。
貴重な学生生活。友達とキャンパスライフをめいっぱい楽しみながら、一緒に学び、充実した2年間を過ごしてください。
食物栄養学科就職関連情報トップ